吹き抜けのあるリビング

我が家のリビングには一部分を吹き抜けにして、二階との空間の繋がりも大事にしました。リビングに吹き抜けを設けたいが、冷暖房効率を下げるのではないかという理由から断念する家庭も多いです。

吹き抜けを設けるメリットは、より明るく開放感で溢れた空間が広がることです。吹き抜け部分の高い位置に設けられた窓からはたっぷりの日差しを取り入れることができるため明るく、チェーン開閉できる窓であれば風通りもしっかりと得られます。そして二階まで視線が繋がることで面積以上の広さを実感できるのです。

冷暖房効率に関しては、建物の断熱性と熱の出入り口で一番大きな窓の断熱性を高めておくことで気になりません。空間が広くなることで最初の動力はかかってしまうのですが、冷暖房効率を下げることもありませんし、むしろ一階と二階で温度差の少ない住まいとなるため過ごしやすいのです。

我が家はこの吹き抜け部分に面して二階のホールにはファミリースペースを設けています。ここでは子ども達がおもちゃを広げて遊ぶことも多いですが、小さな子ども達だけで遊ばせていても、一階まで吹き抜けを通して仲良くしている様子やケンカしている様子が伝わってくるため一階にいても安心できるのです。気になる時は吹き抜け部分に向かって声をかければ一階と二階でも会話がしやすいのです。

しかし、においが二階まで充満したり、リビングのテレビの声や喋り声が響きやすいというデメリットもあります。また、二階部分のスペースが減ってしまうため一室少なくなってしまうケースもあるのです。吹き抜けのメリット・デメリットを考えて取り入れるようにしましょう。

LDK

住宅の中心となるLDK。最近では視界を遮る間仕切りをできるだけ設けず、一体感のあるLDKが設けられることが増えています。そうすることで広さや開放感が得られますし、奥にまで明るさを通し、風の通りも良くなるのです。家族がどこに居ても互いの気配を身近に感じられコミュニケーションも深めやすいのです。

またお客様を迎え入れる空間であることも忘れてはいけません。そこでポイントとなるのがレイアウトです。縦長か横長かということを意識して配置を決めるといいと思います。窓際やバルコニーにリビングが面しており、その奥にキッチンがあるタイプを縦長リビングと言います。これは空間の使い勝手が良く、自由にレイアウトを組むことができるのです。

それは壁面積が広いため家具の配置がしやすくなるからです。リビングとリビングに面して設けられた和室にまで一体化させることでレイアウトの自由度も高まります。しかし、キッチンが奥にあるため光が届きにくく、リビングとダイニングとの境界が分かりにくく、空間のメリハリが損なわれてしまいがちなのです。窓際にリビングが面している間取りを横長リビングと呼びます。窓に面しているので開放感が広がり、明るい部屋造りがしやすいというのが大きな特徴です。

我が家はこの横長リビングです。横長リビングのいい所は、キッチンまでの距離が短いためキッチン自体も明るさを保ちやすく、リビング全体が窓と面することで開放感が得られ、庭との一体感も得られるのです。しかし、窓が大きく壁が少なくなってしまうので家具の配置が難しいです。レイアウトの変更のしにくさを実感しています。住まいの中心となるLDKは居心地がよく、無駄なくスペースを効率よく利用できるようにしておきたいものです。

平屋住宅

住宅内の動線上に階段を必要としない平屋住宅は、暮らしやすさや住まいの安全性を高められるのです。動線上に階段を必要としないことで部屋から部屋への移動の動線が短く、体に負担をかけません。動線が短く、部屋から部屋への移動がスムーズに行えることで老若男女問わず暮らしやすい住まいになるのです。足腰が弱ってくると階段の上り下りが体に負担をかけてしまいがちですが、階段のない平屋住宅は体に負担をかけることなく安全性の高い住まいとなるのです。

住宅内の事故で多いのが、階段での転倒や落下事故でもあるだけに階段がないことでこれらの危険もなく安全性を確保できるのです。また、階段を設けることで階段下にはデッドスペースが生まれます。しかし、階段を設けない平屋住宅はデッドスペースが生まれることもありませんし、階段がない分間取りをコンパクトにすることもできますし、収納スペースを設けて収納を充実させることもできるのです。

また、ワンフロアなので家で孤立する場所がなく、リビングに家族が集まりやすい住まいとも言えるのです。しかし、希望する間取りを実現するにはある程度土地の広さが求められます。十分な広さの土地を見付けられなかったり、見つけられても予算をオーバーしてしまうこともあるかもしれません。また防犯面においても注意が必要です。夏は寝る時窓を開けっぱなしにすることができません。窓を開けるならば音が鳴る防犯グッツを活用させて対策を取るようにしましょう。天井高を上手に活かして、明るさや風通しの良さを得られる平屋住宅を取り入れてみるのもいいのではないでしょうか。

階段下のデッドスペース

二階建てや三階建て住宅に欠かすことのできない階段ですが、この階段を設けることで階段下にはデッドスペースが生まれてしまいます。家造りにおいてこのデッドスペースをどのように活用させるかでマイホームの満足度も変わってくるだけに、無駄なスペースを生むことなく上手に最適な活用法を取り入れたいものです。

最近では、リビング内に階段を設ける家庭が増え、階段下のデッドスペースの活用法も大きく変わっています。今までは日用品や掃除機などの収納庫として利用されていた階段下ですが、最近では同じ収納スペースを設ける場合でも、オープン棚を設けて見せる収納を取り入れインテリア性を高めた収納が増えています。

他には収納スペースとして利用するのではなく、居住スペースの一部としてオープンに利用させる家庭も多いです。階段下にカウンターを造り付けパソコンスペースとして利用したり、スタディーコーナーとして利用させる家庭も多いです。人が利用するスペースとして利用するだけでなく、テレビ台を設置したり、蓄熱暖房機を設置したり、大きさのある電化製品を設置する場所として利用させたり、ペットスペースとして利用させたりと幅広い活用法が取り入れられているのです。

階段の種類や階段をどこに設けるかでデッドスペースの活用法も変わってきます。それだけにデッドスペースの広さや形状に合わせて最適の活用法を取り入れたいものです。我が家は、廻り階段の下にトイレを設けました。上り初めから途中までの階段下はトイレ収納として利用しており、余すことなく上手に利用できていることでマイホームの満足度も高いのです。

洗濯物干し場

洗濯は毎日行う家事の一つです。それだけに洗濯物干し場の環境はしっかりと整えておきたいものです。私が以前住んでいた住宅は、一階の洗面室で洗濯をして、二階のバルコニーに洗濯物干し場が設けられていました。洗面室から洗濯物干し場への動線は長いですし、間に階段を挟むことで、妊娠時は身体に大きな負担がかかっていました。

子どもが生まれてからも、一階に子どもだけ置きっぱなしにすることができず、洗濯物を干す時は子どもも一緒に二階へ連れて行き、洗濯を干しながら子どもにも目を配らせていました。これは家事への負担も大きいですし、家事と育児の両立もしにくいスタイルです。

そこで新居では、リビングの先にウッドデッキを設け、そこに洗濯物干し場を完備しました。キッチンの裏側に設けられた洗面室からウッドデッキまでの動線は短いですし、もちろん間に階段を挟みません。また、リビングやリビングに繋がった和室で遊ぶ子ども達の様子を確認しながら洗濯物を干せるため家事と育児の両立もしやすいのです。このウッドデッキの上には同サイズの二階のバルコニーが設けられているため、急な雨が降っても洗濯物が濡れることはありません。しっかりと奥行もあるため少々斜め降りの雨でも対応できるのです。

動線という観点だけを見ると、洗面室に勝手口を設け、その先に洗濯物干し場を完備するのが一番動線が短くて済みます。濡れて重さを増した洗濯物をほとんど抱えることなく洗濯物が干せるので高齢になった時でも負担を感じにくいのです。毎日行う家事だからこそ環境を整えておき、不満のないようにしておきたいものです。

ファミリースペース

二階のホールはどのように活用していますか。階段を上がった先のホールはただの通路でしかないという家庭も多いです。しかし最近では二階のホールを有効活用させる傾向が強まっています。友人宅には、階段を上がった先のホールを利用してピアノスペースを設けていました。以前住んでいた家ではリビングに置いていたピアノを、二階のホールにピアノを置いたことで、リビングがスッキリしましたし、ピアノを思いっきり練習できるようになったのです。

我が家にも階段を上がった先のホールを利用してファミリースペースを設けました。我が家はこのホールを中心に各部屋へ行き来するような間取りになっています。家族がこのファミリースペースを行き来するので、二階でも家族が顔を合わせる機会が増えるのです。一階だけでなく二階にも家族で集えるスペースがあることで、一階とは違った過ごし方ができ、家族の繋がりをより実感できるのです。

我が家のファミリースペースは、一階のリビングの吹き抜けに面して設けられているため、昼間はキッズスペースとして利用しています。まだ4歳と2歳の子ども達だけでもキッズスペースで遊ぶことができているのは、ファミリースペースが吹き抜けに面しているからなのです。子ども達が仲良く遊んでいる様子も、ケンカしている様子も吹き抜けを通して一階に伝わってきます。気になる時は吹き抜けに向かって声を掛ければ、一階と二階で会話もしやすいのです。一階と二階でバラバラに過ごしていても一体感を感じられます。二階ホールを有効的に活用してみて下さい。

アウトドアリビング

我が家はリビングに面してウッドデッキを設けました。横幅のあるウッドデッキには奥行も持たせました。ここにテーブルを置き、休日の日にはここで庭の景観を楽しみながら食事をすることもできます。時には庭で遊ぶ子ども達の様子を眺めながら、ママ友とゆっくりお茶をすることもできます。庭でバーベキューをした際にもこのウッドデッキが活躍してくれます。ここでゆっくり食事をしたりお酒を飲むことができるのです。

このウッドデッキの上には同じサイズの二階のバルコニーが設けられています。このバルコニーがウッドデッキの屋根代わりにもなってくれるので、急な雨にも対応できますし、日よけとしても効果的です。天気のいい日には大開口の窓を開け放てば、リビングがより明るく広々とした空間が広がります。ウッドデッキスペースを室内の延長として過ごすことができるのです。

住宅とは室内の快適性だけでは満足度が下がってしまいます。ウッドデッキがあることでアウトドアリビングを楽しむ家にもなり住宅への満足度も高まります。ここは洗濯物干し場としても利用しています。通常はここに洗濯物を干し、来客時や庭を使用する時は二階のバルコニーに洗濯物が干せるようにしています。室内の延長としてウッドデッキを過ごすこともできますし、家事を行う実用性も兼ね備えているのです。またウッドデッキを設けたことで住宅と庭の存在をより身近にしてくれました。庭の景観を楽しむようにもなりましたし、子ども達がのびのびと遊べるようになりました。アウトドアリビングを楽しめる空間を設けてみてほしいと思います。

LDK

住宅の中で一番重視する空間が一階の中心となるLDKです。以前はキッチンとダイニングで一部屋、そしてその隣にリビングがあり、リビングとダイニングの間は建具や壁でしっかりと区切られていました。しかし最近ではLDKにできるだけ壁や建具を設けず、LDKの一体感を重視する傾向になります。LDKの一体感を高めることで、より広々とした印象を与え開放感を感じられるようになります。

またこの広さや開放感をよりプラスするかのように和室がリビングの一角やリビングの延長上に設けられている間取りが多いです。この和室においても普段は建具で仕切らずオープンにし、リビングの延長として和室を利用するのです。キッチンからの全ての空間を見渡せるようにする間取りが子育て中の家庭で大変人気となっています。

家事の中心はキッチンで、主婦の多くは一日の大半をキッチンで過ごします。そのキッチンからリビングやダイニング、和室にまでしっかりと目が行き届くことで、キッチンで家事をしながら子どもの様子をしっかりと確認できるのです。家事の手を止めるなくて済むので家事効率が下がることもありません。

一つ気をつけておきたいのが、LDKの一体感を高めることで、空間が単調になりメリハリを感じにくくなる場合があります。空間的な繋がりは大事にしながらもゾーニングを行うことも大事なのです。和室を小上がりにしたり、リビングをダウンフロアにしたり高低差をつけて空間をゾーニングすることで空間的な繋がりはそのままに、それぞれの空間を緩やかに区切ることができるのです。このようにすることでより過ごしやすく居心地のいいLDKとさせることができると思います。

間取り

家造りを進めて行く中でまず決めなくてはいけないのが間取りです。間取りによってその後の生活の送りやすさが大きく変わってきます。また特に女性は家事が行いやすい間取りに注目した方がいいのです。間取りを決めるには動線を意識しましょう。帰宅してからリビングまでの動線、リビングから各所への動線を意識することで家族みんなが暮らしやすい家になるのです。

また女性は家事動線に注目しましょう。家事動線を重視して間取りを決めることで家事の効率が格段に変わり、家事の効率を高められ家事の時短を実現できるのです。私は家事や育児に毎日奮闘する主婦なので、女性目線の家事動線に注目して間取りを決めました。私は一日の大半をキッチンで過ごします。それだけにキッチンからの動線が重要なのです。キッチンで炊事をしながら洗面室で洗濯をすることも多いです。キッチンと洗面室の行き来は一日頻回に行われるだけに、できるだけ動線は短くそして行き来のしやすさを確保しておきたいものです。

また一日三度もある食事の支度。キッチンからダイニングへと配膳は三度行います。キッチンからダイニングへの動線にも配慮しましょう。洗面室→キッチン→ダイニングを横一直線で繋ぎ、主婦が一番家事がしやすい動線を確保してみてはいかがでしょうか。横移動という動きやすさを得られるだけでなく、全てが隣り合わせで配置されていることで動線もかなり短いです。

また洗濯物干し場は屋外と室内と両方確保しておきましょう。屋外が中心となるだけに、屋外の洗濯物干し場は洗濯機のある同フロアに設けると動線も短く、洗濯物もスムーズに干せます。このように家事動線に配慮するだけでも家事効率に大きな影響を与えるので、間取りを決める際には動線をしっかり考えましょう。

二階ホールの活用法

先日新築住宅を建てた友人宅へ行きました。その住宅の二階部分を見せてもらった時、二階ホールの活用法がとても上手で印象的でした。友人と旦那さんの共通の趣味は読書です。数多くある本を収納するスペースを二階ホールを活用して設けていたのです。

壁全体にニッチを設け、そこを本棚として活用していたのです。本が空間をデザインし、キレイに陳列された本はどこにどの本があるか分かりやすく、読書がしたくなる二階ホールとなっていました。子どもの絵本はニッチでマガジンラックを造り、見せるように収納されていました。夫婦共通の趣味としてだけでなく、親子で本を通してコミュニケーションができる環境というのもいいものです。

本棚として収納力のある二階ホールというだけでなく、そこで読書ができるように読書コーナーが設けられているのです。趣味を楽しめる空間を設けることで住宅への満足度も大きく変わってきます。二階ホールをただの通路としてしまうのではなく有効活用させることで、二階で過ごす時間をより充実したものになると思います。

友人宅の影響を受け、我が家の新築住宅にも吹き抜けに面してファミリースペースを設けました。一階だけでなく、二階にも家族で集える空間があれば二階で過ごす時間も増えることでしょう。

またここに室内用の洗濯物干し場も設ける予定です。天井から吊るすタイプにすることで使わない時はスッキリとした二階ホールとなります。吹き抜けに面しているので一階からの風で洗濯物はしっかり乾くのです。二階ホールをどのように活用させるかも住宅造りの一つの大事なポイントだと思います。