問題点とリフォーム

リフォームしたいときって、いったいどんな時でしょうか。

人間とは、環境に適応する能力が非常に優れている生き物です。不具合を感じたとしても、いつの間にか慣れてしまいます。

長く住み慣れている我が家、それを何とかしたいと思うときは、きっとその「不具合」に出くわすたびに、気分が憂鬱になるからではないでしょうか。とはいえ、宝くじでも当たらない限りは建て替えるなんて無理です。

住宅の設備は使い続けるごとに傷んできます。たとえばキッチンやお風呂の水周りは、15年くらいが限界らしいですし、壁や天井も15年以上経ってくると、一度べりっとはがして新しくしたほうがいい、とも言われています。

さて、気になるのは内部の設備だけではありません。住宅の屋根もおよそ20年くらいで葺き替えたほうがいいようです。

私の両親は注文住宅を購入しましたが、屋根が普通の瓦ではなく、薄い特殊なタイプだったので、10年ごとのメンテナンスが絶対に欠かせません。

気にしだすとあれもこれもとなってしまい、結局、新築が買えそうな値段になってしまいます。

なので、リフォームを考える前に、まずは今住んでいる家の問題点を洗い出してはどうでしょう。

例えば、実家の場合、すっかり年老いた祖父母の安全を考慮しなければならないと思いました。家の中が危険というのも妙な表現ですが、足腰が弱り、杖に頼らなくては歩けなくなった祖父母にとって、段差に滑りやすい浴槽、寒いトイレなど我が家は危険だらけだったのです。こういう高齢者が直面する問題点は、若い人たちではなかなか気付けません。

なので、何が危険かを祖父母に聞いたうえで、家中に手すりを設け、出来る限り段差をなくし、祖父の部屋を1階に移すバリアフリーリフォームをしました。

浴槽も手足の力が弱くなった祖父母に合わせて、楽に入浴できるような浴槽や床、また入浴後の温度差で身体を冷やしたりしないように、浴室エアコンを入れたりしました。

これは我が家の場合ですが、こうして問題点を挙げていきながらどこにお金をかけるかを考えていけば、修繕の緊急性が高い場所がみつかるかもしれませんし、無駄な出費を抑えることができそうです。

情報媒体などでリフォームの実例を見ると、いろいろやりたいことはあるかもしれませんが、まずは不満点をあげてみることから始めて、計画を練ってみてはどうでしょう。