窓のみリフォーム

リフォームというと、「家を丸ごとやりなおす!」みたいな、大変に大掛かりなものを想像しがちですが、我が家は窓のみリフォームできないか考えています。

夏暑く、冬寒い。結露もするし、生活音も周囲に漏れます。子どもたちの声や楽器の音が外に聞こえれば近所迷惑になりかねませんし、その音で家族構成を知られてしまう恐れもあり、防犯面だって心配です。

また、災害時にも割れやすい窓ガラスは避難の妨げになります。

家のほかの場所は特に問題はありませんが、せめて1階の窓くらいはやりかえたいと考えています。

サッシの販売店に我が家が抱える、そうした「窓」の問題点を相談したところ、いろいろと商品を教えてくれました。

今のサッシの内側に取り付ける「内窓」や今のサッシ自体を換えてしまう方法、ガラスのみを交換する方法などなど……ですが、できるだけ費用も抑えたいのが本音です。

そこも要望に付け加えて検討した結果、我が家では今あるサッシに樹脂製の内窓をつけることになりました。

まず、今あるところにひとつ加えるだけなので、窓を取り外したり、壊したりする手間がなく、工事がぐんと早く終わるという点。概ね1、2時間程度で工事は終了するそうです。

そんなに簡単に終わってしまうのに、取り付け後は断熱はもちろんのこと、強い紫外線も防いでくれるし、窓がひとつ増えているので、防音効果も上がりました。

また最近のサッシにはほこりを寄せ付けない加工がしてあるそうです。

お手入れも楽チンで大満足。我が家の窓リフォーム、なかなか大満足の仕上がりです。