散らからないリビング

リビングの床やソファについ物が溢れてしまうという家庭は多いのではないでしょうか。
自分が着ていた上着をソファに置きっぱなしにしていたり、持ち歩くカバンをリビングの床に置いたままにしていたり、家族みんながこのようにすればリビングは物で溢れ散らかってしまい落ち着くことができません。
家族みんなが長時間共に過ごすリビングは散らかっていない居心地のいいリビングにしたいものです。
そのためにはリビングに収納スペースを設けるといいのです。
リビング収納が充実していないことでリビングに物が溢れごちゃごちゃした印象のリビングになってしまうのです。
家族で共有できる収納スペースをリビングに設けるといいのです。

例えばテレビの奥のスペースにこのリビング収納を設けます。
身近に収納スペースがあることで、いつも持ち歩くカバンを収納し、いつも着用する上着を掛けておけるようにするのです。
子ども達は幼稚園カバンやランドセルといった日々使用する物を置いておけばリビングに物が散乱することはなくなるでしょう。

またこのスペースに子ども達が勉強できるスペースを設けるのもいいと思います。
最近の子ども達は自分の部屋ではなく家族のいるリビングやダイニングで勉強や宿題をします。
しかし勉強に集中できる空間をリビングに設けるとなるとテレビの奥の部分に子ども達の勉強できるスペースがあると勉強に集中でき、振り向けば家族がいるので子ども達の安心度も高まります。
リビングの快適性や居心地の良さを追求するにはリビング収納は大切なスペースなのかもしれません。