我が家のトイレ

我が家のトイレは階段下に設けました。廻り階段の我が家は階段下を余すとこなく使用できました。階段下というデッドスペースをどのように利用するかで住宅の満足度も変わってきます。以前住んでいた賃貸の二階建て住宅には階段下に収納スペースが設けられていました。階段下の活用方法で一番多いのが収納です。しかし階段下という特殊な形状がゆえに奥行があり、奥にいくほど天井が低くなっていました。物の把握がしにくく、また物の出し入れもしづらかったです。

そこで新居ではトイレと、トイレ収納を設けたのです。便器を設置している部分の天井は通常の天井に比べると低いのですが、全く圧迫感を与えませんし、用を足すのにも全く支障がありません。パッと見た印象は狭く感じる人もいるのかもしれませんが、大抵の人が空間を上手に利用しているねという風に行ってくれます。階段上りはじめから、ホール部分までの階段下の活用法はトイレ収納です。十分すぎるほどの収納スペースを確保できたことで、トイレットペーパーを始め、サニタリー用品やトイレで使用するタオルなどトイレに必要な物をきちんとトイレ内に収納しておくことができています。トイレットペーパーを特売日に買い込んでもそのままトイレ収納に収納しておけるので大変便利です。

またトイレをスッキリ見せるためにタンクレストイレにしました。これにするとトイレ内に手洗いスペースを設けるのが主流となっています。この手洗いスペースをアンティーク調のオシャレなデザイン性の高いものを選びました。そのようにすることでトイレの印象はパっと明るくでき、閉鎖的な印象も払拭されています。ここに鏡を設置したことで、トイレ内にミニ洗面台があるような感覚になります。用を足すついでにお化粧直しやヘアセットも行えるのでお客様にとって使いやすいトイレでもあるのです。家族にとってもお客様にとっても使いやすいトイレを目指しましょう。

トイレ

我が家の建てる新築住宅のトイレは階段下を有効活用します。
リビング階段の隣にトイレを設けています。トイレの横ということで階段下に生まれるデッドスペースをトイレの収納スペースとして活用します。

トイレには意外と収納しておきたいものが多いです。
ついつい特売日でトイレットペーパーを買い込んでしまうことはありませんか。
通常それらはトイレ収納にしまえないので、物置などに収納しておくでしょう。
そして定期的にトイレにトイレットペーパーを補充するのです。

しかし我が家のトイレ収納は収納力があるので特売で買い込んだトイレットペーパーまでしっかりと収納できるのです。
わざわざ違う場所から補充する手間もかからないので便利です。
またトイレの掃除道具やサニタリー用品、手拭きのタオルなどもトイレ内のこの収納スペースにしまうことができれば、トイレで必要な物を全てトイレ内に収めることができるので便利さを実感できると思います。

また階段の折り返し部分がトイレの空間になるので便器の上の壁は少し低いのですが、用を足す際に邪魔に感じることもありませんし、トイレの圧迫感も感じさせないのです。
しかし階段下というデッドスペースを十分に活用したトイレになっているのでこの間取りにかなり満足しています。
トイレは家族の使用頻度が高い場所です。また家に遊びに来たお客様がトイレを使用する機会も意外と多いです。

圧迫感のない居心地のいいトイレにするためにもトイレの収納力は大切なのです。
広さに限りのある空間なのでニッチを取り入れて収納量をアップするのもいいでしょう。

ついつい長居したくなるトイレ

トイレは住宅の中で使用頻度が高い場所です。
家族が気持ちよく使用できついつい長居したくなるようなトイレを新築住宅に設けることができればなと思っています。

トイレは家族だけでなく来客者が使用することも多々あります。
それだけに清潔さにプラスしてオシャレな空間であることも求められると思います。
私の周りの友人達も次々と新築住宅を購入しています。
遊びに行かせてもらうのですが必ずトイレを借ります。
住宅の中で重要な場所の一つでもあるトイレを自然とチェックしているのかもしれません。最近ではタンクレストイレが人気を高めています。

タンクレスということでトイレ内に手洗いスペースを設けているスタイルが多くなりました。
まずトイレという限られたスペースしかない空間をいかにスッキリと狭さを感じさせないようにするかということを考えるとタンクレストイレはいいと思います。
形状もスッキリとしていて以前のトイレに比べ凹凸がない分見た目もスッキリですし、お手入れのしやすさも高まっているのです。

またトイレ内に手洗い場を設けることでこの手洗いスペースがトイレのアクセントにもなるのです。
オシャレな蛇口と洗面ボウルを設けるだけでトイレのインテリアが上質感を出してくれます。
一緒に鏡を設けることで、用を足すついでに身だしなみを整えることもできるので家族だけでなく来客者にとっても嬉しい点だと思います。

後は照明やクロスにもこだわってみるのもいいと思います。
デザインのあるクロスを用いるだけで空間が明るくなります。殺風景なトイレを華やかにするには照明器具も重要なアイテムです。
ついつい長居したくなるようなトイレになるようにトイレにはこだわりたいと思っています。

トイレのリフォーム

  トイレをリフォームする時のポイントとなる点をあげてみたいと思います。

 トイレは人が生活していく上で必ず必要となってくる大切な場所のひとつです。毎日使用するものですから快適な空間であってほしいですね。

 わたしの知り合いが先日、大分でリフォームをされましたが、今後のことを考えてバリアフリーにしたと言っていました。誰しも年はとるものです。年齢に合わせて住宅も変化が必要となります。今まで普通におこなっていたことが徐々につらくなってくる、それが年を重ねるということです。中でもトイレは毎日使用するもの。リフォーム時には年をとってからも使いやすくメンテナンスしやしいようにするべきです。

 例えば扉ですが開き戸タイプであれば、引き戸タイプに変更しておいたほうが勝手がよくなるでしょう。またトイレ内には座ったり立ったりする時の補助となる手すりをつけておきます。

 便器は最近は縁なしタイプのものが多く出回っています。このタイプの利点は掃除のしやすさと縁裏がないので尿石がたまりにくく清潔である点です。見た目にもスタイリッシュで美しいです。

 スペースの広さにもよりますが、手洗いカウンターがあると非常に便利です。カウンター下部にペーパーホルダーを設置することでコンパクトに納まり見た目にすっきりとした印象になります。カウンター上部は洗面ボールとちょっとした飾り棚になるので花や小物を飾ることができます。

 トイレ内は清潔感がある空間であることが望ましいですね。白は清潔感があり見飽きることのない色ですが、少し遊び心を加えて内壁の一面だけを別の色のクロスを貼ってみると、一気にオシャレ度が増します。