キッチンの前に腰壁

我が家に設けたキッチンはセミオープンキッチンキッチンです。最初は、最近一番人気をフルオープンキッチンを設けたいと思ったのですが、調理中や調理後のお鍋や食材、食器が乱雑に置かれている状況がリビングやダイニングから丸見えになるのに抵抗を感じ、キッチンの前に腰壁を設けたのです。

この腰壁を設けたことで気になる手元部分をしっかりと隠すことができ、乱雑になっているキッチンを見られる心配もなくなります。また、急な来客時でもスムーズに対応しやすいためこの腰壁を設けて良かったと思っています。吊り戸棚をなくし、コンロ部分の壁を耐熱用のガラス張りにすることでLDKの一体感もしっかりと確保できています。

また、この腰壁を利用してL字型にカウンターを配しました。ここではバタバタする朝食を食べたり、子ども達が帰宅しておやつを食べたりするときにとても便利です。調理したものをサッとこのカウンターへ配膳でき、食べ終わったお皿も回り込むことなくサッと取れて片付けることができます。キッチンで作業をしながらもここで食事をする家族とのコミュニケーションを取ることもできるのです。

家事や育児の合間の休憩スペースとして、パソコンを使用するスペースとしても便利なカウンターとなっています。壁厚を利用して調味料入れニッチを設けることもでき、キッチンの前に腰壁を設けたことで得られる魅力がたくさんあるのです。自分に合ったキッチンにして家事を楽しみながら行いたいものです。

キッチンに腰壁

住宅のテイストが多様化する中、キッチンスタイルも多様化しています。一番多く取り入れられているのがI型の対面型フルオープンキッチンではないでしょうか。壁や間仕切りで空間を区切らずLDKの一体感を高めたこのスタイルは、家族のコミュニケーションが取りやすく、キッチンで家事をしている主婦にとっても、家事を楽しみながら行えるのです。

必要性の低い吊り戸棚をないだけでもキッチンの印象は違ってきます。コンロ部分は壁にするのではなく、耐熱用のガラス張りにすればより広さやLDKの一体感を感じられます。しかしこのキッチンスタイルに私が抵抗を感じることが1点ありました。それは、調理中や調理後のキッチンが片付いていない状態もキッチンやダイニングから丸見えになってしまうことです。きれいに片付いている時は魅せるキッチンとして存在するのですが、片付いていない時は、見た目にいいものではありません。急なお客様にも対応しにくいです。

そこで我が家はこの悩みを解決するキッチンスタイルにしました。それはキッチンの前に腰壁を設けて、手元部分をしっかりと隠せるようにしたのです。これでキッチンが片付いていない状態でもリビングやダイニングからの視線が気になりませんし、急なお客様にもスムーズに対応できます。

それだけでなく、この壁厚を利用してニッチを2ヶ所も設けたのです。キッチン側には調味料入れのニッチを設けました。調味料をニッチ内に収めることで作業スペースが広々として料理やしやすくなりました。そしてダイニング側にはマガジンラックのニッチを設けました。新聞や雑誌を片付けるのに便利です。腰壁を設けたことでよりキッチンが充実して満足しています。

料理効率を高めたキッチン

キッチンでは毎日炊事を行います。
毎日行う家事だからこそストレスを感じることなく、炊事がスムーズに効率よく行えるキッチンでありたいものです。

我が家も新築住宅を建てることになり現在設置する設備を選んでいます。
キッチンは料理の効率を高められるように、適材適所に必要な調理器具を大容量に収納できるものにしようと思っています。
シンクの下には包丁やまな板、菜箸や木べらなどをサッと取り出せるように立てて収納できるポケットを付けたものがいいと思います。
そしてボールやバットなど大きさや深さに合わせて収納できるようにしておけば必要な調理器具をサッと取り出し調理できるので便利です。
コンロ下にはお玉やトング、油などコンロを使用する際には必ず必要になってくるものを取り出しやすいようポケットに収納します。
またお鍋やフライパンもコンロ下に収納して置けば移動することなく必要な物が全部そろうので料理効率も高まるのです。
作業スペースの下には調味料やスパイス、乾物などを収納しておけばいいのです。
このように適材適所に必要な物を収納し、また取り出しやすいようにしておくことで料理の効率をグンとアップさせることができるのです。

また床に近い下の部分まで収納スペースがあれば季節もののカセットコンロ、ストック商品なども収納できるので大変便利です。
カセットコンロや土鍋など使う時期が限られているものは意外と収納場所に頭を悩ませてしまいます。これらをスッキリ収納できるキッチンは女性の味方だと思います。

女性が喜ぶキッチン

最近ではイクメンが増えてきて、男性も積極的に家事に取り組んでくれるようになってきました。そうは言っても女性の方がキッチンに立つ時間は多いでしょう。
我が家にもまだ小さい子ども二人います。主人は休みの日には積極的に昼ご飯を作ってくれます。女性が喜ぶキッチンにするには、家族が自然と家事に手伝ってくれる環境を造り出すことなのかもしれません。
ご飯を食べてお皿を下げるということを当たり前にできるようにするにはキッチンへ足を運びやすくすればいいと思います。

ダイニングとキッチンへの移動をスムーズに行えるようにすることです。キッチンへの行き来をスムーズにするにはキッチン両側に通路を設けることです。両側から行き来できるようにすると家族が食事の準備をするのもぶつかり合うこともなくなり、スムーズに移動できます。我が家ではこのキッチンとダイニングへの行き来の際に、ぶつかり合うことで相手を邪魔と感じ、準備をせずに座って待っていた方がスムーズと感じ、手伝おうとする気を失ってしまうのです。
キッチンへの行き来の自由さも大切なのです。

次に作業スペースを充実させることも大切です。主人が料理をしている時、私は洗い物や他の料理の準備をするとお互いを邪魔と感じ、ケンカの原因にもなります。作業スペースを広々と確保しておくことでキッチンに二人立っていても作業しやすく、会話も生まれキッチンでの時間がより楽しいものとなるでしょう。我々夫婦が楽しそうにキッチンで過ごしていると、自然と子ども達もキッチンへの興味が湧き、料理のお手伝いやお片付けを積極的に取り組むようになるのです。
女性が喜ぶキッチンにするには家族がキッチンに行きたくなるような空間にすることなのかもしれません。

収納に優れたキッチン

私は料理することも片付けすることも好きです。
一日のうちのほとんどをキッチンで過ごすという日も少なくありません。
現在は賃貸住宅なのでキッチンへの不満が多く、新築を建てる際には今の抱いている不満を解消し、キッチンに居る時間をより楽しく使いやすいものにしたいと思っています。

鍵を握るのは収納です。
以前からあるキッチンキャビネットは開き戸タイプが主流でした。
しかし最近は開き戸タイプより引き出し収納が多くなってきました。
開き戸タイプでは鍋やフライパン、調理器具を重ねて収納し、結果奥にしまった物が見づらく、出しにくくなってしまうのです。
引き出し収納にすることでその見づらさと出し入れのしにくさを解消してくれるのです。
また形や大きさなど様々な調理器具があり、収納の仕方によっては無駄なスペースを多く生み出してしまうこともあります。
それではせっかくの収納スペースが台無しです。
しまうものに合わせた収納機能を持ち合わせた収納スペースを手に入れたいものです。

例えば菜箸やお玉など長さのあるものは立てて収納し、フライパンや鍋は重ねるのではなく、立てて収納することで柄の部分をつかみ簡単に取り出しやすくなるのです。
必要な物が一目瞭然で把握できる収納であれば格段に調理もしやすくなること間違いありません。
そして吊り戸棚に使いにくさを感じている人は多いと思います。
収納するスペースがあっても物を出し入れしにくければ使い勝手が悪く意味がありません。
吊り戸棚を目の高さまで上下に動かすことができるタイプにすると使い勝手のいい吊り戸棚となります。
キッチンには優れた収納スペースが必要だとつくづく感じています。

キッチンのリフォーム

住宅を購入した友人がぼやいています……「腰が痛い」と。

なんのことかと思いきや、キッチンがダメなんだそうです。

私も見せてもらいましたが、白系で統一されたキッチンの窓辺に陽光が降り注ぎ、明るい感じの「理想的なキッチン」でした。

さらに部屋に5.1Chのスピーカーを設置、料理をしながら音楽を聴ける贅沢スペース。

ですが、この明るいキッチンで作業をすればするほど、腰に負担がかかって、やってられないのだそうです。

聞けば、キッチンの高さが合わないのだそうです。作りつけてしまった後なので、いまさらキッチンを取り替えるなんて出来ないし……と言っていましたが、キッチンのみを取り替えるリフォームは予想外に簡単に出来ます。キッチンのかさ上げ程度なら、10~15万円前後が相場のようで、工事自体も短い時間で完了するそうです。

友人宅はシステムキッチンでガスコンロもセットされていますが、ガスコンロも火がついたりつかなかったりして、トラブルも多くなったので、これを機会にキッチン丸ごと取り替えてしまおうかとも考えているようです。

キッチン設備をひとつひとつ吟味するのも楽しくていいのですが、時間とお金は余りかけたくありません。

住宅設備とはいえばトステムが有名ですが、システムキッチンのリフォームも格安のパック料金があります。

ところで、最近は「ユニバーサルデザイン」という言葉をよく聞きます。これは「老若男女、障害のあるなしにかかわらず、誰もがみんなが満足して使えるデザイン」だそうですが、建築士の知り合いに聞いてみたところ、最近はユニバーサルデザインのいい例として、ハンドルで高さ調整できる商品まであるそうです。

キッチンの高さというものは、わずか数ミリ~数センチでも合わないと身体に負担がかかってきます。

使う人に合わせて気軽に調整できるのはなかなかいいデザインだと思いますし、あとから身体に合わないと感じても、調整に工事を必要としない分、長く使えそうです。

しかしキッチンをリフォームするといっても、いろいろな商品が出ているものです。

どんなキッチンにするのか、イメージはもっとも大切ですが、目移りして困っちゃいそうです。