建てては壊す時代から

日本の住宅の寿命は海外の住宅と比べると非常に短いと言われています。
戦後の経済成長期にみながマイホームを持つことを夢見て次々と新築の住宅が建てられたわけですが、それらの住宅は20~30年で建て替えを考えなければいけない住宅でした。
日本の住宅業界は「建てては壊す」を繰り返す状況なのです。
しかし長期優良住宅という永く住み続けることができる家づくりが補助金の対象して建てられるようになり、世界的なエコロジーの流れにも同調する仕組みとなりました。

昨年、新潟で新築の一戸建てで建てた知り合いもこの長期優良住宅の制度を活用して新築しました。
しかし新築で住宅を建てることは非常に大きな費用がかかることは変わりがありません。
長期優良住宅と並びリフォームやリノベーションなども大きく取り上げられるようになります。
既存の住宅があれば新築で住宅を建てるほどの費用はかかりませんし、もう期限的に長くはありませんが住宅エコポイントなどの補助金もあります。
新築で建て替えをしなくともリフォームやリノベーションという手も考えられます。
また震災の影響で関心が寄せられる住宅の耐震性についてはリフォームやリノベーションを行う場合には耐震補強などの手を加えることもできます。
また消費税率の見直しや金利の上昇など新築で住宅を建てるには厳しい状況がやってくるので、
中古住宅や中古マンションなどの不動産物件市場やリフォーム市場は今後拡大・活性化されることになると思います。
今後、大分でもリフォームの需要も増えていくことでしょう。
またそれに伴う見込み客獲得のための不動産会社や住宅会社、工務店の集客も行われていくことでしょう。

エコとリフォーム<パート2>

「エコリフォーム」とは、住居生活からの二酸化炭素の排出量を削減するためのリフォームのことをさします。
工務店の集客にもエコを謳うものが増えてきています。
詳しくどのようなことかというと
・平成11年省エネ基準に適合する断熱材、ガラス、サッシ、ドア等の省エネ資材を用いた、窓、外壁・壁、床、天井・屋根などの断熱リフォームを行うこと。
・太陽光発電、太陽熱温水器、高効率空調機、エコキュートやエコジョーズなどの高効率給湯器、薪ストーブや木質ペレットボイラーなどバイオマス燃料燃焼機器、家庭用小型風力発電システム、家庭用小型燃料電池などの設備を導入するリフォーム。
上記のようなリフォームの事をエコリフォームと言います。
断熱性をたかめるにあたっていくつかのメリットがあります。
住居内の断熱性や気密性が高くなれば猛暑や厳寒でも外気をシャットアウトできるので、室内の温度や湿度をコントロールしやすくなり、住まいが快適になります。
そして必要以上の冷房や暖房も抑えることができます。
また住まいの断熱性を高めるだけで家庭から排出されるCO2を大きく削減することができるので一人ひとりの、また家庭から地球環境にやさしい生活ができます。
そして光熱費を節約できること。

家の構造自体を省エネ・省CO2型に変えるので、その効果は継続することができ光熱費の節約も続けられます。
住まいのリフォームをする際には外観や居住スペースの変更以外にも断熱化などの住宅性能についても考えてみてはどうでしょうか。

エコとリフォーム<パート1>

昨今ではリフォームを行う際に注目されているのがIHクッキングヒーターやエコキュートを取り入れたオール電化住宅へのリフォームや二酸化炭素の排出を抑える省エネやエコリフォームです。
日々の暮らしの中で省エネルギーを意識することがあたり前の時代になってきましたね。
地球環境を考えればひとりひとりの意識や家庭の中でも環境に配慮した暮らしを考えていかなければいけないようです。
環境について考えた時に様々な取り組みの中で一番注目されているのは「CO2の排出量の削減」ではないでしょうか。
家庭から排出されるCO2は照明・家電、給湯、暖房で約60パーセントを占めると言われています。
家庭のなかでどんな性能の機器を使用しているかまたどのような時間帯や頻度で使っているかで、環境への負荷が変わってくるというわけですね。
新築を建てたりリフォームを行う際に照明や家電製品・暖房設備などの住宅設備をどのようにするかポイントですね。
また電球一つとっても従来の白熱電球と比べ消費電力が大幅にカットで発熱量も抑えられた製品も出ています。
また電球を使用する器具も年々変わってきていて器具に対応する電球の種類や耐用時間なども改善されていうようです。
新築やリフォームに合せて新しい家電製品を選ぶのであれば、できる限りCO2排出量の少ないものや省エネルギー効果の高い設備機器を選べば、CO2排出量を削減ととも光熱費も抑えられるので、環境にも家計にも優しいと暮らしができるのではないでしょうか。