オシャレな住宅

私は以前から輸入住宅に非常に興味がありました。
それは海外ドラマにはまり、よく海外の住宅を目にしていたからだと思います。
日本の住宅のように壁で間仕切りを設けるのではなく、視界を遮るものをなるべくなくしオープンな空間造りをしています。
視界が繋がることで空間に広がりを感じることができるので圧迫感のない室内となっているのです。
またクロス一つにしても、日本人は無難な色を選びがちです。
しかし海外の住宅はデザイン性に富んでいてカラフルや色を使用したり、デザインのあしらったクロスを選び空間のアクセントとしています。
我が家も住宅を建てることになり海外の住宅から多くのヒントを得ています。
あえて扉を設けずに、しかしオシャレさを高めるためにアーチ状の垂れ壁にしようと思います。
視界が繋がるので圧迫感を感じません。
キッチンなどレンガを用いてデザイン性を高めたいとも考えています。

また海外ではよく使用されるタイル。
日本でも使用されているのですが海外に比べると使用度は低いです。
タイルを使用することで空間のアクセントにもなります。
洗面化粧台やキッチンの一部にモザイクタイルを敷き詰めてオシャレさを高めるのもいいのではないでしょうか。
そしてオシャレな住宅とするためには欠かせないのがニッチだと思います。
ニッチとは壁の厚さを利用して飾り棚にするものです。
殺風景になりがちな玄関ホールや階段、リビングの華やかさを増すためにもニッチを活用すると雰囲気が一変します。
季節ものの雑貨を飾ったり、家族写真を飾る場所として最適です。
素敵な家になるように住宅にも工夫が必要なのですね。

ニッチ棚

我が家は注文住宅で家を建てることになり家のデザインや間取りを考えています。
その中で私が取り入れたいのがニッチ棚です。
このニッチ棚とは壁の中の空間を有効活用させる棚のことです。
壁の厚みを利用して飾り棚として活用させたり、ちょっとした収納スペースとして活用できる棚を手に入れることができるのです。

玄関はお客様が一番に足を踏み入れる場所です。
玄関に華やかさを加えるためにもニッチ棚を設けてオシャレな雑貨を飾ってみるといいと思います。
また長い廊下は殺風景になりがちです。
また広々とした廊下であれば壁に飾り棚を設けるのもいいですが、あまり広さのない廊下であれば飾り棚を設けると行き来する際に圧迫感に感じることがあります。
しかし壁の中の空間を有効活用させることで廊下に圧迫感を与えることなく廊下にアクセントとなる飾り棚を手に入れることができるのです。
オシャレな印象に仕上げることができるでしょう。

またトイレや洗面室など空間に限りのある場所ではニッチ棚を設けて収納スペースとすることで物をきちんと収納でき、空間をスッキリとさせることができます。
トイレで本や新聞を読むという人は多いです。トイレの壁の下部にニッチ棚を設けて本棚として活用すれば居心地のいいトイレになると思います。
造作洗面室では収納スペースを確保することが一つのポイントです。
鏡の隣の壁のスペースを利用して歯ブラシなどの小物を収納できるようにしておけばスッキリとした洗面室となります。
このようにニッチ棚を設けることで空間にアクセントを与えオシャレな空間造りをすることもできますし、限りのある空間の収納スペースとして活用させることもできるのです。
ぜひ我が家にも積極的にこのニッチ棚を取り入れ壁の空間を有効活用させたいと思っています。