大地震から2週間

東日本大震災が発生してから2週間が経とうとしています。
前回、ブログを更新した時はまだほとんど被害状況などははっきりしない状態で東北地方太平洋沖地震と言われていましたが、
この2週間で呼び名はいくつか変わり東日本大震災と呼ばれるほど酷い被害状況だということが分かってきました。
行方不明者と死亡者を合わせると2万人を超えるという現状ですが、被災されて避難されている方の健康と安全を祈るばかりです。
また福島県では原発事故が起きているため、1日も早い収束を願うばかりです。
原発に関しては今後どのような影響が発生するか分かりませんが、
福島の隣県ということもあり山形で住宅を建てた友人や知人がいるので心配です。
今回の地震を状況を受けて、生命保険や損害保険、火災保険や地震保険について考えた方、また耐震リフォームについて考えた方もいるかと思います。
耐震リフォームについてですが住宅業界が未曽有の建材不足となっているのが現状です。
建材のほとんどが被災地の復興のために回される流れがあり、住宅会社や工務店が新築を建てられない状況になりつつあります。
この様な現状ですからリフォームに関しても同様に見積もりや調査などはできても工事にとりかかれない状況に工務店やリフォーム会社もなっていると考えられます。
実際に滋賀のリフォーム会社に勤めている友人も建材や住宅設備機器の手配が非常に不安定で目処が付かないと言っていました。
リフォーム会社や工務店も集客について考えないといけないことも多くなるでしょう。
保険に関しては生命保険、損害保険会社が東日本大震災の被災者に対して全額支払うとの見解が出ているようです、災害免責などは適応しないとの流れのようです。
もしもの時の保険や耐震などのリフォームは今後も注目されることとなると思います。
みなさんもこの機会にしっかりと考えてみましょう。