吹き抜けのあるリビング

我が家のリビングには一部分を吹き抜けにして、二階との空間の繋がりも大事にしました。リビングに吹き抜けを設けたいが、冷暖房効率を下げるのではないかという理由から断念する家庭も多いです。

吹き抜けを設けるメリットは、より明るく開放感で溢れた空間が広がることです。吹き抜け部分の高い位置に設けられた窓からはたっぷりの日差しを取り入れることができるため明るく、チェーン開閉できる窓であれば風通りもしっかりと得られます。そして二階まで視線が繋がることで面積以上の広さを実感できるのです。

冷暖房効率に関しては、建物の断熱性と熱の出入り口で一番大きな窓の断熱性を高めておくことで気になりません。空間が広くなることで最初の動力はかかってしまうのですが、冷暖房効率を下げることもありませんし、むしろ一階と二階で温度差の少ない住まいとなるため過ごしやすいのです。

我が家はこの吹き抜け部分に面して二階のホールにはファミリースペースを設けています。ここでは子ども達がおもちゃを広げて遊ぶことも多いですが、小さな子ども達だけで遊ばせていても、一階まで吹き抜けを通して仲良くしている様子やケンカしている様子が伝わってくるため一階にいても安心できるのです。気になる時は吹き抜け部分に向かって声をかければ一階と二階でも会話がしやすいのです。

しかし、においが二階まで充満したり、リビングのテレビの声や喋り声が響きやすいというデメリットもあります。また、二階部分のスペースが減ってしまうため一室少なくなってしまうケースもあるのです。吹き抜けのメリット・デメリットを考えて取り入れるようにしましょう。