平屋住宅

住宅内の動線上に階段を必要としない平屋住宅は、暮らしやすさや住まいの安全性を高められるのです。動線上に階段を必要としないことで部屋から部屋への移動の動線が短く、体に負担をかけません。動線が短く、部屋から部屋への移動がスムーズに行えることで老若男女問わず暮らしやすい住まいになるのです。足腰が弱ってくると階段の上り下りが体に負担をかけてしまいがちですが、階段のない平屋住宅は体に負担をかけることなく安全性の高い住まいとなるのです。

住宅内の事故で多いのが、階段での転倒や落下事故でもあるだけに階段がないことでこれらの危険もなく安全性を確保できるのです。また、階段を設けることで階段下にはデッドスペースが生まれます。しかし、階段を設けない平屋住宅はデッドスペースが生まれることもありませんし、階段がない分間取りをコンパクトにすることもできますし、収納スペースを設けて収納を充実させることもできるのです。

また、ワンフロアなので家で孤立する場所がなく、リビングに家族が集まりやすい住まいとも言えるのです。しかし、希望する間取りを実現するにはある程度土地の広さが求められます。十分な広さの土地を見付けられなかったり、見つけられても予算をオーバーしてしまうこともあるかもしれません。また防犯面においても注意が必要です。夏は寝る時窓を開けっぱなしにすることができません。窓を開けるならば音が鳴る防犯グッツを活用させて対策を取るようにしましょう。天井高を上手に活かして、明るさや風通しの良さを得られる平屋住宅を取り入れてみるのもいいのではないでしょうか。