キッチンの前に腰壁

我が家に設けたキッチンはセミオープンキッチンキッチンです。最初は、最近一番人気をフルオープンキッチンを設けたいと思ったのですが、調理中や調理後のお鍋や食材、食器が乱雑に置かれている状況がリビングやダイニングから丸見えになるのに抵抗を感じ、キッチンの前に腰壁を設けたのです。

この腰壁を設けたことで気になる手元部分をしっかりと隠すことができ、乱雑になっているキッチンを見られる心配もなくなります。また、急な来客時でもスムーズに対応しやすいためこの腰壁を設けて良かったと思っています。吊り戸棚をなくし、コンロ部分の壁を耐熱用のガラス張りにすることでLDKの一体感もしっかりと確保できています。

また、この腰壁を利用してL字型にカウンターを配しました。ここではバタバタする朝食を食べたり、子ども達が帰宅しておやつを食べたりするときにとても便利です。調理したものをサッとこのカウンターへ配膳でき、食べ終わったお皿も回り込むことなくサッと取れて片付けることができます。キッチンで作業をしながらもここで食事をする家族とのコミュニケーションを取ることもできるのです。

家事や育児の合間の休憩スペースとして、パソコンを使用するスペースとしても便利なカウンターとなっています。壁厚を利用して調味料入れニッチを設けることもでき、キッチンの前に腰壁を設けたことで得られる魅力がたくさんあるのです。自分に合ったキッチンにして家事を楽しみながら行いたいものです。