個人と家の収納の配分

個人の持ち物は、主寝室や各子供部屋などに付いているクローゼットで対応しますが、家の収納をどこにするかが問題です。年に1回または数回しか使わない物もあるので、思い出すのが難しい物もあり、生活の変化や子供の年齢にも大きく左右されます。夫婦二人の時は個人の物の方が多いのですが、家族が増え子供が大きくなるにつれ、家の物が想像以上に増えてきます。新居を建ててほんの2~3年で、納戸や物入れがいっぱいになることもあるので、プランを建てる際は十分に分析しましょう。

子供の成長と共に増えていく物の量は想定しにくいので、部屋を広く取りがちですが、子供の思い出の品やアルバムなどはどんどん増え、季節用品、レジャー用品などは、一度増えるとあまり減ることはありません。

必要な空間の目安は、4人家族で物があまり多くない家庭でも、1階と2階トータルで1坪は必要で、思い出の品や家族の趣味が多い家庭では、2坪以上必要な場合もあります。

しまうところが無かった、邪魔になるなど、忘れがちな物に、シーズンオフの布団や来客用の食器などがあります。シーズンオフの掛け布団は人数分あり、個人のクローゼットに入らない場合は、かなりのスペースが必要になります。空けておいた空間には他の物を入れないようにしましょう。来客用やお祝い事の食器は、キッチン以外の場所にスペースを確保しましょう。

リビングに本が集まって困る事もあります。本をたくさん持っていたら、リビングや階段下、納戸の一角などに最初から置くスペースを作りましょう。

個人の物でも、冬に頻繁に着るコートやジャンパーは、部屋まで取りに行かなくて済むように、玄関付近にスペースを用意すると、便利かもしれません。