階段下のデッドスペース

二階建てや三階建て住宅に欠かすことのできない階段ですが、この階段を設けることで階段下にはデッドスペースが生まれてしまいます。家造りにおいてこのデッドスペースをどのように活用させるかでマイホームの満足度も変わってくるだけに、無駄なスペースを生むことなく上手に最適な活用法を取り入れたいものです。

最近では、リビング内に階段を設ける家庭が増え、階段下のデッドスペースの活用法も大きく変わっています。今までは日用品や掃除機などの収納庫として利用されていた階段下ですが、最近では同じ収納スペースを設ける場合でも、オープン棚を設けて見せる収納を取り入れインテリア性を高めた収納が増えています。

他には収納スペースとして利用するのではなく、居住スペースの一部としてオープンに利用させる家庭も多いです。階段下にカウンターを造り付けパソコンスペースとして利用したり、スタディーコーナーとして利用させる家庭も多いです。人が利用するスペースとして利用するだけでなく、テレビ台を設置したり、蓄熱暖房機を設置したり、大きさのある電化製品を設置する場所として利用させたり、ペットスペースとして利用させたりと幅広い活用法が取り入れられているのです。

階段の種類や階段をどこに設けるかでデッドスペースの活用法も変わってきます。それだけにデッドスペースの広さや形状に合わせて最適の活用法を取り入れたいものです。我が家は、廻り階段の下にトイレを設けました。上り初めから途中までの階段下はトイレ収納として利用しており、余すことなく上手に利用できていることでマイホームの満足度も高いのです。