洗濯物干し場

洗濯は毎日行う家事の一つです。それだけに洗濯物干し場の環境はしっかりと整えておきたいものです。私が以前住んでいた住宅は、一階の洗面室で洗濯をして、二階のバルコニーに洗濯物干し場が設けられていました。洗面室から洗濯物干し場への動線は長いですし、間に階段を挟むことで、妊娠時は身体に大きな負担がかかっていました。

子どもが生まれてからも、一階に子どもだけ置きっぱなしにすることができず、洗濯物を干す時は子どもも一緒に二階へ連れて行き、洗濯を干しながら子どもにも目を配らせていました。これは家事への負担も大きいですし、家事と育児の両立もしにくいスタイルです。

そこで新居では、リビングの先にウッドデッキを設け、そこに洗濯物干し場を完備しました。キッチンの裏側に設けられた洗面室からウッドデッキまでの動線は短いですし、もちろん間に階段を挟みません。また、リビングやリビングに繋がった和室で遊ぶ子ども達の様子を確認しながら洗濯物を干せるため家事と育児の両立もしやすいのです。このウッドデッキの上には同サイズの二階のバルコニーが設けられているため、急な雨が降っても洗濯物が濡れることはありません。しっかりと奥行もあるため少々斜め降りの雨でも対応できるのです。

動線という観点だけを見ると、洗面室に勝手口を設け、その先に洗濯物干し場を完備するのが一番動線が短くて済みます。濡れて重さを増した洗濯物をほとんど抱えることなく洗濯物が干せるので高齢になった時でも負担を感じにくいのです。毎日行う家事だからこそ環境を整えておき、不満のないようにしておきたいものです。