1坪洗面室

住宅の中でリビングと同じくらい重要視されているのが洗面室です。今までは洗面室の広さは1坪というのが一般的でした。しかし最近では1坪以上の広さに余裕のある洗面室が設けられるようになっています。我が家も洗面室の重要性が理解できるため1坪以上の広さに余裕のある洗面室をマイホームに設けたいと思っていました。しかしLDKを重視する余り洗面室の広さは1坪しか得られませんでした。

しかし洗面室の広さは1坪でも十分だと今では感じています。限られた広さですが空間を無駄にせず有効的に利用すれば1坪でもいいのです。例えば、洗面室のドアは開き戸ではなく、引き戸にするのです。開き戸タイプだと扉が開く部分はデッドスペースとなってしまいます。引き戸にすることで空間を有効的に利用できるのです。

そして、洗面室の窓は、天井近くに横長の窓を設置しました。天井近く設けることで、窓を塞ぐことなく明るさを確保でき、チェーンで開閉できるので通気もしっかり得られます。壁面を利用し収納スペースを充実できるのです。洗面台と洗濯機を横に配置するとその隙間には20~30㎝ほどの隙間が生まれます。この隙間をそのままにするのではなく、隙間収納を取り入れます。洗剤のストック品やお化粧道具、タオル類などこの隙間収納でも意外とたくさんのものが収納できます。

そして、洗濯機の上部にはオープン棚を設けて家族の下着やパジャマを収納するスペースが得られます。限られた広さでも設置する建具や窓で収納力も変わってきます。空間を上手に使い1坪洗面室を居心地のいい空間にしましょう。