キッチンに腰壁

住宅のテイストが多様化する中、キッチンスタイルも多様化しています。一番多く取り入れられているのがI型の対面型フルオープンキッチンではないでしょうか。壁や間仕切りで空間を区切らずLDKの一体感を高めたこのスタイルは、家族のコミュニケーションが取りやすく、キッチンで家事をしている主婦にとっても、家事を楽しみながら行えるのです。

必要性の低い吊り戸棚をないだけでもキッチンの印象は違ってきます。コンロ部分は壁にするのではなく、耐熱用のガラス張りにすればより広さやLDKの一体感を感じられます。しかしこのキッチンスタイルに私が抵抗を感じることが1点ありました。それは、調理中や調理後のキッチンが片付いていない状態もキッチンやダイニングから丸見えになってしまうことです。きれいに片付いている時は魅せるキッチンとして存在するのですが、片付いていない時は、見た目にいいものではありません。急なお客様にも対応しにくいです。

そこで我が家はこの悩みを解決するキッチンスタイルにしました。それはキッチンの前に腰壁を設けて、手元部分をしっかりと隠せるようにしたのです。これでキッチンが片付いていない状態でもリビングやダイニングからの視線が気になりませんし、急なお客様にもスムーズに対応できます。

それだけでなく、この壁厚を利用してニッチを2ヶ所も設けたのです。キッチン側には調味料入れのニッチを設けました。調味料をニッチ内に収めることで作業スペースが広々として料理やしやすくなりました。そしてダイニング側にはマガジンラックのニッチを設けました。新聞や雑誌を片付けるのに便利です。腰壁を設けたことでよりキッチンが充実して満足しています。