小上がりの和室

我が家はリビングを広めに確保してその一角を和室にしました。この和室はリビングとの繋がりに違和感を感じないようにするために高さを設けて小上がりの和室にしたのです。最初は和と洋の空間にメリハリを付けるために取り入れた小上がりの和室ですが、この高さがあることでより過ごしやすく便利な和室となっています。

まず畳下に生まれるデッドスペースを利用して収納スペースを得ることができました。リビングに隣接した和室なので、ここにはリビングで必要な物も収納できますし、和室で利用する物も収納しておくことができます。子どものおもちゃや和室で使用する座布団などしっかりと収納できることで、リビングや和室に物が散らかりにくくなりました。

またこの高さがあることでサッと腰を下ろすに最適の休憩場所となっているのです。ソファはいつも家族に占領されていることが多く、家事の合間にちょっとゆっくり休憩をしたいと思っても最適な場所が今まではありませんでした。しかしこの小上がりの和室を設けたことで腰を下ろすだけでなく、そのままゴロンと横になれるのです。ゆっくりくつろいだ後も、高さがあることでサッと立ち上がることができ、家事への取り掛かりにスムーズに行えるのです。

この和室は、普段は建具を開けっ放し、リビングの延長として利用しやすくしています。いざという時は和室を個室としても利用できるようにもしているので便利で多目的に使用しやすい和室となっています。