我が家のトイレ

我が家のトイレは階段下に設けました。廻り階段の我が家は階段下を余すとこなく使用できました。階段下というデッドスペースをどのように利用するかで住宅の満足度も変わってきます。以前住んでいた賃貸の二階建て住宅には階段下に収納スペースが設けられていました。階段下の活用方法で一番多いのが収納です。しかし階段下という特殊な形状がゆえに奥行があり、奥にいくほど天井が低くなっていました。物の把握がしにくく、また物の出し入れもしづらかったです。

そこで新居ではトイレと、トイレ収納を設けたのです。便器を設置している部分の天井は通常の天井に比べると低いのですが、全く圧迫感を与えませんし、用を足すのにも全く支障がありません。パッと見た印象は狭く感じる人もいるのかもしれませんが、大抵の人が空間を上手に利用しているねという風に行ってくれます。階段上りはじめから、ホール部分までの階段下の活用法はトイレ収納です。十分すぎるほどの収納スペースを確保できたことで、トイレットペーパーを始め、サニタリー用品やトイレで使用するタオルなどトイレに必要な物をきちんとトイレ内に収納しておくことができています。トイレットペーパーを特売日に買い込んでもそのままトイレ収納に収納しておけるので大変便利です。

またトイレをスッキリ見せるためにタンクレストイレにしました。これにするとトイレ内に手洗いスペースを設けるのが主流となっています。この手洗いスペースをアンティーク調のオシャレなデザイン性の高いものを選びました。そのようにすることでトイレの印象はパっと明るくでき、閉鎖的な印象も払拭されています。ここに鏡を設置したことで、トイレ内にミニ洗面台があるような感覚になります。用を足すついでにお化粧直しやヘアセットも行えるのでお客様にとって使いやすいトイレでもあるのです。家族にとってもお客様にとっても使いやすいトイレを目指しましょう。