小上がりの和室

住宅にもバリアフリーが求められる現在、小上がりの和室は時代に背いた部屋のような気がする人もいるかもしれません。和室をどこに設けるかで悩む人も多いです。最近の人気の間取りは、リビング内やリビングの延長上に和室を設けることです。洋風のリビングと和風の畳の空間が違和感なく存在するには、高低差をつけてゾーニングする方法は有効的です。

和室を小上がりにすることで洋風のリビングと緩やかに空間を区切ることができます。またこの段差の高さが一つのポイントです。つまづきやすいほんの少しの段差ならつけない方がいいのです。高さを設けるのであればしっかりと設けましょう。そうすることで便利な腰掛スペースとして利用できるのです。足腰の弱ってきた高齢者は床や畳に座り込むのを嫌がります。なぜなら一度座ってしまえば、立ち上がる時に大きな動力を必要とするからです。立ったり座ったりがスムーズにできなくなった高齢者にとって、小上がりの和室は過ごしやすい和の空間でもあるのです。ここに腰を掛けて、そのままゴロンと体を倒して休むこともできます。それでも立ち上がりやすいため体に負担がかかりにくいのです。

また畳下に生まれるデッドスペースを利用して収納スペースを設けるのです。子どものおもちゃを収納するスペースとして、和室で利用する座布団を収納するスペースとして様々な物を収納できる便利なスペースとして活躍してくれるのです。LDKとの一体感を感じながらも、緩やかにゾーニングでき、小さい子どもから高齢者まで過ごしやすい和室になるのです。