キッチンパントリー

主婦が憧れる空間の一つでもあるキッチンパントリー。料理好きの人や、食品の買いだめをした時にはキッチンパントリーがあると重宝します。広さに余裕があればウォークインタイプのパントリーを設けたいと考えている人も多いのではないでしょうか。乾物やレトルト食品、お菓子にジューズなどを収納しておけるパントリーはキッチン横に設ける家庭が多いです。ついつい特売日に買い込んでも余裕でそれらをしまえるスペースがあることで、キッチンスペースに物が溢れることがなくなり、家事の効率も高まるのです。

床から天井まで広がるオープン棚は可動式で収納する物に合わせて、自由に棚の高さをアレンジできるようにしておくのです。このようにすることでデッドスペースを生みにくく、空間を有効的に利用できるのです。また浅目の棚と奥行のある棚と設けておくといいのです。収納力をアップさせるためには奥行のある収納スペースを欲しがる人が多いですが、奥行があることで奥にしまった物が把握しにくく、また奥にしまった物を出し入れしにくいというデメリットもあります。浅目の棚にはレトルト食品など賞味期限が分かるように陳列させておくと、賞味期限切れを防ぐことができますし、一目でどこになにがあるかが分かるのです。

我が家のキッチンにはパントリースペースを別に設けませんでした。カップボード内にパントリースペースを確保したのです。食器やキッチン家電をしまうカップボード内にパントリーを設けることで、キッチンを振り返れば必要な物が全て揃うのです。造り付けのカップボードは我が家の自慢の一つでもあります。パントリーはあった方が断然便利です。キッチンスペースを有効に利用しパントリーを確保しておきましょう。