コミュニケーションを大事にする家

我が家は現在新築住宅を建設しています。
家造りで重視したところは家族とのコミュニケーションを大事にする家です。
そこでまずリビング階段を取り入れました。
リビング階段にすることで子ども達が成長した時でも家族の集まるリビングを必ず通らなければ二階の自分の部屋には行けないようにすることで、家族がリビングで顔を合わせる機会が増えます。

玄関近くに階段を設け、玄関から直接二階の部屋へ行けるようにすると子どもがいつ帰宅していつ外出したのか分からないということも出てくるかもしれません。このようなことにならないように家族が顔を合わせる機会をしっかり得られるようにするためにリビング階段にしたのです。
またリビングの一部を吹き抜けにしました。
吹き抜けにすることで一階と二階でコミュニケーションが取りやすくなります。
吹き抜けを通して互いの存在をより身近に感じられ、安心感も高まります。

二階の吹き抜けに面した部分にファミリールームを設けて、ここで子ども達が勉強したり、遊んだりしていても気配を感じられるので会話もしやすく家族の繋がりをより感じられる家にすることができます。
また二階にもこのファミリールームを設けたことで、二階でも家族で集えるスペースを確保できました。ここを第二のリビングルームとして活用すれば、寝る前家族みんなでゲームをしたり、休日の朝はここでゆっくり過ごすスペースとして住宅での楽しみ方の幅を広げてくれることでしょう。

家族がいつまでもコミュニケーションを大事にできる家が我が家の理想です。