トイレ

我が家の建てる新築住宅のトイレは階段下を有効活用します。
リビング階段の隣にトイレを設けています。トイレの横ということで階段下に生まれるデッドスペースをトイレの収納スペースとして活用します。

トイレには意外と収納しておきたいものが多いです。
ついつい特売日でトイレットペーパーを買い込んでしまうことはありませんか。
通常それらはトイレ収納にしまえないので、物置などに収納しておくでしょう。
そして定期的にトイレにトイレットペーパーを補充するのです。

しかし我が家のトイレ収納は収納力があるので特売で買い込んだトイレットペーパーまでしっかりと収納できるのです。
わざわざ違う場所から補充する手間もかからないので便利です。
またトイレの掃除道具やサニタリー用品、手拭きのタオルなどもトイレ内のこの収納スペースにしまうことができれば、トイレで必要な物を全てトイレ内に収めることができるので便利さを実感できると思います。

また階段の折り返し部分がトイレの空間になるので便器の上の壁は少し低いのですが、用を足す際に邪魔に感じることもありませんし、トイレの圧迫感も感じさせないのです。
しかし階段下というデッドスペースを十分に活用したトイレになっているのでこの間取りにかなり満足しています。
トイレは家族の使用頻度が高い場所です。また家に遊びに来たお客様がトイレを使用する機会も意外と多いです。

圧迫感のない居心地のいいトイレにするためにもトイレの収納力は大切なのです。
広さに限りのある空間なのでニッチを取り入れて収納量をアップするのもいいでしょう。