建て替えか、リフォームか。

家の傷みが目に見えてくると、ふとそんなことばかりを考えているそうです。大分で中古住宅を購入した叔父の悩みです。

とにかく一戸建てに引っ越したかったので、目先の金額だけで決めた中古住宅。

立地も市街地へ比較的近く、近所にスーパーや学校、公民館など、生活に必要な店舗や機関があって不便は無いそうなのですが、最近になって家が傷んでいるのを実感し始めています。

もともと中古住宅で購入しているのですから、住宅自体も、中の設備もすでに何十年か経過しているものでした。

特に気になるのが水周りだそうで、最近になって水洗トイレの配管から水漏れしているのを発見し、修理もせずに床をまめに拭くことで対応していたところ、どうも家中で多量の羽アリを見るようになったとか。

即座にシロアリ!というわけではないけれど、ひとつ気になれば、家中のちょっとしたこと、例えば廊下、床板のたわみや、ぼろぼろ崩れ落ちる壁、深夜「みしっ」となる家鳴りまでもが気になってしまって仕方が無いのだそう。

リフォームのメリットは、住宅設備でまだ使えそうなものが再利用できる点です。つまりリフォームにかかる出費を抑えることができます。が、叔父の場合は家も設備も老朽化が激しく、しかもシロアリの心配もあるので、もういっそのこと建て替えを検討したほうがいいのではと個人的には思っています。

建て替えは今のおうちを壊して、違うものを建てることを言いますが、こちらは壊して組み立てなおすので、間取りや設備など、あれこれ自由が利くのがメリットのようです。

ですが取り壊しにもかなりのお金がかかるので、最終的にはかなりの高コストになりそうです。

ところで自分の土地でさえあれば、その敷地内に限ってはリフォームしようが、建て替えしようが好きに出来ると思っていたのですが、法律の制限などでリフォームしか選択の余地が無い、あるいはその反対もケースもあるようです。

この辺は事前に確認しておくことが重要になります。

資金の相談もですが、叔父の場合は中古住宅を買ってしまっているので、その土地についての制限などは、新築を買う場合に比べても、結構いい加減な感じになってしまっています。

私も中古住宅を買ったので、その地域における建築の条件など、不動産屋さんから聞いた気がしますが、ほとんど覚えていません。

新しいものからスタートしているわけじゃないので、新築を購入した人に比べれば、老朽化に伴う修繕の心配は、比較的早くやってきます。

そのときにあわてない為にも、今の叔父の姿を見て勉強しておこうと思います。