ふるさと大分で建てた憧れの注文住宅。

しかしあれから20年。時の流れとともに、住み慣れた家も少しずつガタや不便さが出てきました。

家族が何も変わらないまま過ごすのであれば、当初の計画でも問題はなかったのですが、子どもたちも大きくなって独立して家を出て行き、広さだけをもてあました家は、トイレやキッチン、間取りなどが使いづらく、老夫婦が終の棲家とするには、多少手を加えたほうがいいという結論に至りました。

建て替えるにはお金もないし、住み替えといっても、この場所を離れたくない。となると、今ある家をリフォームするのが、私たちにとって最善の策だという結論に至りました。

しかしリフォームと一口に言っても、実際には何から手をつけていいのか分かりません。

理想はあるものの、それをどうやって誰に伝えたら良いのか。

我が家が家を建てたときからお世話になっている住宅メーカーの人にリフォーム相談したら、「イメージが大切なんですよ」といわれました。

そして施工例や段取りなどを詳しく掲載したガイドブックもいただきました。

また本屋さんには実例集の雑誌があるので、それらから自分たちのイメージに合うものを探すのも手だといわれました。

イメージといっても、今の状態では「いろいろ不便だから、どうにかしたい」という程度で、具体的な完成図までは浮かんでいません。しかし、私たち自身が理想とするリフォームのイメージをしっかり持っていなければ、リフォームをしても、満足するものは出来ません。

住宅設備もたくさんありますし、使う建材で値段もイメージも大きく変わります。

まずはゆっくりじっくり理想の我が家をイメージすることから始めようと思います。