トイレのリフォーム

  トイレをリフォームする時のポイントとなる点をあげてみたいと思います。

 トイレは人が生活していく上で必ず必要となってくる大切な場所のひとつです。毎日使用するものですから快適な空間であってほしいですね。

 わたしの知り合いが先日、大分でリフォームをされましたが、今後のことを考えてバリアフリーにしたと言っていました。誰しも年はとるものです。年齢に合わせて住宅も変化が必要となります。今まで普通におこなっていたことが徐々につらくなってくる、それが年を重ねるということです。中でもトイレは毎日使用するもの。リフォーム時には年をとってからも使いやすくメンテナンスしやしいようにするべきです。

 例えば扉ですが開き戸タイプであれば、引き戸タイプに変更しておいたほうが勝手がよくなるでしょう。またトイレ内には座ったり立ったりする時の補助となる手すりをつけておきます。

 便器は最近は縁なしタイプのものが多く出回っています。このタイプの利点は掃除のしやすさと縁裏がないので尿石がたまりにくく清潔である点です。見た目にもスタイリッシュで美しいです。

 スペースの広さにもよりますが、手洗いカウンターがあると非常に便利です。カウンター下部にペーパーホルダーを設置することでコンパクトに納まり見た目にすっきりとした印象になります。カウンター上部は洗面ボールとちょっとした飾り棚になるので花や小物を飾ることができます。

 トイレ内は清潔感がある空間であることが望ましいですね。白は清潔感があり見飽きることのない色ですが、少し遊び心を加えて内壁の一面だけを別の色のクロスを貼ってみると、一気にオシャレ度が増します。