建て替えかリフォームか

高度成長期以来、マイホームを持つことが夢となっていた日本ですがその当時から建てられてきた住宅は住宅の寿命が短く、築20~30年を過ぎるとリフォームをするか建替えをするか考え時になっていると思います。
リフォームと建替えのどっちがお得かを考えてみましょう。
今住んでいる建物の構造や躯体の状況やこれからの生活設計、プランや敷地の状況、資金計画などによってリフォームと建替えのどちらが良いかが変わってきます。
木造の一戸建て住宅の場合は最低50年はもつとも言われていますが、しかしこれも、定期的なメンテナンスを行い、住宅が建物として良好な状態を保った場合の話になります。
大分の土地にある住宅に住んでいる友人は築100年近い住宅に住んでいますが、これも定期的なメンテナンスが必要なのだそうです。
築20年を過ぎた場合、どこまでお金を掛けたら良いのかというのは難しい所です。
建て替えの場合はまだ十分に使える部分があっても全て壊すわけですから、リフォームに比べ廃棄物が多く処分費もかかります。
リフォームの場合は使える部分をそのまま利用するので廃棄物も少なくて済み、コストを削減できます。
また建て替えの場合、仮住まいの準備や引越し費用、登記の費用などの出費も考えなければいけません。
リフォームのメリットは建替えに比べて総工事額が少なく済むところにあります。
しかしリフォーム工事は、ちょっとづつ壊して造っていくという作業の繰り返しのため、建替えよりも工事単価は割高になることは考えておかなければいけません。
リフォームと建替えのコスト面での比較をする場合には実際工事にかかる費用だけでなく、付属として必要な費用も考慮して総額がいくらになるのかを比較検討してみてください。
もし仮に建て替えに必要な費用の6~7割以上かかってしまうようなリフォームになるのであれば、建て替えへを選択されたほうが賢いと言えるでしょう。

品川区に戸建ての実家がある友人も現在、建て替えをするかリフォームを行うか考察中でやはり費用のことが一番のネックになっているようです。