エコとリフォーム<パート1>

昨今ではリフォームを行う際に注目されているのがIHクッキングヒーターやエコキュートを取り入れたオール電化住宅へのリフォームや二酸化炭素の排出を抑える省エネやエコリフォームです。
日々の暮らしの中で省エネルギーを意識することがあたり前の時代になってきましたね。
地球環境を考えればひとりひとりの意識や家庭の中でも環境に配慮した暮らしを考えていかなければいけないようです。
環境について考えた時に様々な取り組みの中で一番注目されているのは「CO2の排出量の削減」ではないでしょうか。
家庭から排出されるCO2は照明・家電、給湯、暖房で約60パーセントを占めると言われています。
家庭のなかでどんな性能の機器を使用しているかまたどのような時間帯や頻度で使っているかで、環境への負荷が変わってくるというわけですね。
新築を建てたりリフォームを行う際に照明や家電製品・暖房設備などの住宅設備をどのようにするかポイントですね。
また電球一つとっても従来の白熱電球と比べ消費電力が大幅にカットで発熱量も抑えられた製品も出ています。
また電球を使用する器具も年々変わってきていて器具に対応する電球の種類や耐用時間なども改善されていうようです。
新築やリフォームに合せて新しい家電製品を選ぶのであれば、できる限りCO2排出量の少ないものや省エネルギー効果の高い設備機器を選べば、CO2排出量を削減ととも光熱費も抑えられるので、環境にも家計にも優しいと暮らしができるのではないでしょうか。