健康志向のリフォーム

リフォームを考える時にどこの工務店・リフォーム業者に依頼するかということを考えると同時にどの様な工事内容でリフォームを行うかということも考えなければいけませんね。
場合によってはというお話しなのですがリフォームだけではなく新築でもお家を建てる時にもありうる話ですが、新築やリフォームの直後にシックハウス症候群などの化学物質過敏症になってしまうこともあります。
これは持ち家だけに限った事ではなく賃貸など不動産物件でもあり得るのです。
シックハウス症候群や化学物質過敏症とは室内の空気が新築やリフォームを行う際に使われる建材の防腐剤や接着剤・防蟻剤から揮発されるホルムアルデヒドやトルエンと言われる化学物質で空気汚染によって引き起こされるといわれる病気です。
(※その他の要因もあると考えられ、完全な原因が解明されているわけではありません。)新築や改築直後から数カ月以内で家の中に入ると目がしみる、涙が出てくる、鼻水が出る、鼻が詰まる、喉が痛い、動悸がする、頭が重いなどの症状が出現するようになります。
また既にシックハウス症候群の方や化学物質過敏症の方が健康に配慮して新築で無添加住宅を建てたり、自然素材を使ったリフォームなどを行う傾向も多いようです。
床板なら国産の広葉樹や針葉樹、壁紙ならビニール材ではなく和紙や布、漆喰や珪藻土などの素材を使用し、塗装では伝統建築によく使用される柿渋を使用したりしています。
この様な健康に配慮したリフォームを行える工務店やリフォーム業者も最近では増えてきています。