リフォームを考えるタイミング

今住んでいる住宅が老朽化してきた場合、今後どのようにするか考えると思います。
老朽化の進んだ住宅を取り壊して改めて新築の住宅を建てたりまた改めて土地を探して新築を建てる、中古住宅を購入して住みかえをするなど選択肢はいくつかあると思います。
新築を大分で建てることを考えると今住んでいる同じエリアで土地を探すことや中古住宅を探して購入することも物件的に容易ではないと思いますし、長年住んできて愛着のある家だとすればことを考えるとリフォームで済むのであれば尚善しだと思いませんか?
しかし住宅の住み替えやリフォームを考えるようになるきっかけというのは様々あってどのタイミングで実行に移すかというのは難しいことだと思います。

まず考えられるのはライフスタイルの変化ではないでしょうか。
ライフスタイルの変化で考えられるのは
「子供の成長に合せて子供のための個室が必要になった。」
「子供が独立して家を離れたため住居内の空間の使い方が変わってきた。」
「親も歳をとりそのため同居することになった。」
「同居している親の足腰が弱ってきたために段差のない安全な居住スペースにしたい。」などではないでしょうか。

次に現在の住まいに対する不満がある場合では
「収納スペースが足りなくなってきた。」
「家族でくつろげる場所が狭くなってきた。」
「来客がある場合プライベート空間をできるだけ見せたくない。」
「お風呂場が狭く感じたり、浴槽が狭いので足が伸ばせない。」
などが考えられます。

その他、家の老朽化に伴う床のキシミや外壁のひび割れ、設備の耐用年数が経過しているなどがあると思います。
リフォームしたい個所などを考えだすと止まらんくなってくるようでもありますが、必要最低限のでもリフォームを行えば新築を建てなくとも快適な居住空間が作りだせるのではないでしょうか。