工務店・業者選びで気をつけたい事

住宅のリフォームについて悪質訪問販売業者が摘発され、マスコミなどで報道されております。大分も例外ではありません。
特に飛び込みなどの訪問でのリフォームを売りこむような業者には注意をしてもらいたい所です。
ただ全ての飛び込み業者が悪徳業者というわけでもありません。
地元に根付いた工務店やリフォーム業者が熱心に一軒一軒の住宅に回っているケースもあります。
しかし一部の悪徳業者の所為で地元密着でリフォームに取り組んできた工務店やリフォーム会社も全て同様に見られてしまったりすることもあり、そのことに関しては残念な思いでいっぱいです。
住宅のリフォームを考えた時に一番重要なのはやはり工務店・業者選びだと思います。
業者選びで失敗しないように注意点についていくつか考えてみましょう。

・「社長に交渉したら許可がでて、今日なら○○万円安くできます!」や「今日できなければクビになる」といった譲歩や泣き落としをする営業マン。
・営業マンが工事や住宅に関する知識を持っていない。またこちらの要望に対して「ハイハイ」と安請け合いをする営業マン。こういった営業マンの場合は契約することが大切なので後になって「できません」というケースもあります。
・飛び込みの訪問業者に一番多いのが「このままでは、家が崩れる」と不安を煽ったり脅しに近い話をする。
・「契約するまで帰らない。」と夜遅くまで居座るという場合があります。また「帰ってください」と言っても帰らない場合は躊躇なく警察に通報しましょう。

悪徳業者などの被害を防ぐためには契約をせかされてもその場で決めず、家族や友人知人に相談してください。また契約してしまってもクーリングオフ制度などもあるので恐れず解約しましょう。